pagetop
ADRCの活動
トップページADRCの活動 > ADRCの活動報告

ADRC活動報告

APEC 防災作業部会に先立ち、8月17-18日に米のイニシアテイブでAPEC交通作業部会において2013年から続けられているグローバルサプライチェーンのレジリエンスを支えるAPEC5カ年行動計画に関わるワークショップが開催されました。
今回は全体の7つの課題のうち、4政策と規制に着目した会合となりました。
ADRCはセッション3において、レジリエントなサプライチェーンのための政策について、ADRC概要及びADRCのAPEC関連の過去の取組について説明した後、政府の役割の重要な柱の一つとしてのインフラに着目し、最近のBCP関係の意識調査結果に触れつつ、防災作業部会で進めているインフラBBBワークショップの内容も紹介し、規制やルール作り等ソフト面での取組のほか、防災についてはハード面、インフラ整備や地域整備等関係省庁との連携も重要であること等を説明しました。各エコノミーからは、交通担当省、防災担当省庁の他多様な機関が参加しました。また、なお、民間の取組について、ADRC小野客員研究員が発表しました。

IMG_1499.JPG














(2017/08/31 12:30)


第12回APEC防災作業部会が8月21-22日に、ホーチミン(ベトナム)で開催されました。今年2回目の防災作業部会には11のエコノミー、JICA,アジア基金が参加しました。主催エコノミーのベトナムから、トラン・カン・ホアイ局長、 レ・タン・リエム・ホーチミン人民委員会副議長から挨拶がありました。ホアイ局長からは、農業農村振興省の防災担当部局が、8月18日、VNDIMA,Viet Nam Disaster Mamagement Authorityとして、格上げされたことが紹介され、会議の中でも詳細が報告されました。また、2017年のホストであったペルーは、1月の前回会議に出席がかなわなかったため、今回、ペルー年の報告がありました。

続いて、ベトナム主催で9月開催予定SDMOFのテーマ・内容について、同エコノミーの主要関心事項である科学技術に関し、ホアイ局長司会のもと一連の発表があり、科学技術省、水資源アカデミー、科学アカデミーからは、宇宙技術と衛星利用に関する発表があり、センチネルアジアにも言及がありました。
ADRCからは、9月に予定しているインフラBBBワークショップ及び関連調査について発表し、幅広い参画を呼び掛けました。また、貿易投資委員会(CTI)における質の高いインフラに関するワークショップについて、防災面の重要性、インフラBBBプロジェクトとの連携可能性等について日本の国土交通省から発表がありました。
このほか、豪州から最近の政策動向、ニュージーランド、ペルー、フィリピン、チャイニーズタイペイ、ベトナム、中国等から最近の災害について報告がありました。日本についてADRCから九州豪雨の概況とともに、今年のカスリン台風70周年、来年の阪神大水害80周年等過去の災害から学ぶ姿勢について紹介しました。災害対策の重要性について各エコノミーが政府内で理解を得ていく上で、このような過去の災害とともに、APEC等の場を通じて海外の災害について直近の状況を共有し持ち帰ることで、常に災害対策への意識を高めていくことが重要であることから、共同議長として議事の中で各エコノミーの災害報告を重視してきたこと等を指摘しました。また、共同議長からは、2017年の防災作業部会の成果をAPECリーダーの宣言に盛り込むため、短いインプットを用意することを提言し、議論を始めました。
さらに、2018年のホストエコノミー、PNGから、来年の予定のほか、同エコノミーの主要関心事項が示されました。ADRCカウンターパートであるNDCは職員が少ないため、来年に予定されているAPEC関連会合の全体調整は気候変動開発庁が担当することなどの報告がありました。
2日目後半に、チャイニーズタイペイ発案で、Plant Back Better植栽によるよりよい復興について議論をした。被災地での野菜栽培等による収入確保等に関して、カンボジアにおける事例の発表等がありました。ADRCからは、兵庫県丹波市の豪雨後の植林の事例に言及しつつ、社会的脈絡は異なるものの高齢化の進行するエコノミーでは、別のコンテクストでのPlant Back Betterもありうること等をコメントしました。

IMG_1549.JPG
 













(2017/08/31 12:30)

アーカイブ
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年