pagetop
Asian Disaster Reduction Center(ADRC)

アジアにおける防災関係者の
人材の交流を含む
多国間の防災能力向上のための
ネットワークづくりを進めています。

最新災害情報

2024年07月12日 ベトナム 地すべり 2024年7月12日から13日にかけて、ベトナム北部ハザン省Bac Me郡Ta Mo村で豪雨による地すべりが発生し、死傷者や被害が出た。ASEAN災害情報ネット(ADINet)によると、2024年7月13日現在、死者11人、負傷者4人、家屋46棟が損壊した。 2024年07月06日 ネパール 洪水 ネパール全土でモンスーンによる降雨により混乱が生じている。2024年7月8日現在、過去24時間の豪雨によって引き起こされた洪水や地すべりによって、いくつかの家屋が倒壊し、主要な高速道路や道路区間では車両の移動が妨げられている。ガンダキ県はモンスーンによる災害で最も大きな被害を受けている。Tanahun地区、Syangja地区、Parbat地区では少なくとも7人が死亡、2人が行方不明となっている。 2024年07月03日 インド 洪水 インド北東部はモンスーンの季節を迎えており、洪水、河川の氾濫、地すべり、天候に起因する深刻な事故が多発している。これらの現象により、死傷者や被害が増加している。 Sphere Indiaによると、7月3日現在、アッサム州の23地区で死者48人、避難者489人、被災者1,134,400人となっている。 2024年07月01日 ミャンマー 洪水 ミャンマー北部で豪雨により河川の堤防が決壊し、被災地域の救助隊によると、紛争で家を失った人々を含む約1万人が避難を余儀なくされている。2024年7月1日にエーヤワディー川の水位が危険水位を1.5メートル以上上回り、カチン州の州都ミッチーナでは町のほとんどの地域が浸水し、数千人の住民が家に閉じ込められている。 2024年06月18日 バングラデシュ 鉄砲水 2024年6月18日と19日、モンスーンによる豪雨がバングラデシュ南東部コックスバザールの難民キャンプに影響を与え、鉄砲水と773件の地すべりが発生し、死傷者と被害が出た。

What’s new

TunamiDay
出版物情報2024年01月04日
NEW!令和6年能登半島地震の概要情報(英語版)を取りまとめました。

>>詳しくはこちら

出版物情報2023年10月12日
[データブック] 自然災害データブック 2022年度版 (英語版のみ)

>>詳しくはこちら

イベント情報2023年11月20日
アジア防災センターは、2023年11月15日に「2023年度オンライン津波セミナー」を開催しました。

>>詳しくはこちら

イベント情報2023年09月25日
アジア防災センターは兵庫県からの補助金を受け、2023年トルコ・シリア地震が発生したトルコの被災地において学校の現状に関する調査を行いました。

>>詳しくはこちら

お知らせ2023年06月29日
「えるぼし」認定の取得を目指し、「一般財団法人アジア防災センター行動計画」を策定しました。

>>詳しくはこちら

ADRCの想い

アジア防災センターは1998年に兵庫県神戸市において設立されました。
そのミッションは、メンバー国の防災能力の強化、人々が安心して暮らせる地域づくり、持続可能な開発を可能にする社会づくりです。
アジア防災センターでは、このため、さまざまな防災能力向上のための事業を展開し、アジアにおける防災関係者の人材の交流を含む多国間の防災能力向上のためのネットワークづくりを進めています。

詳しく見る

メンバー国防災情報

メンバー国及びアドバイザー国の防災情報を取りまとめたカントリーレポートや、その他の防災関連情報を公開しています。

詳しく見る

ADRCの活動

  • 防災情報の
    共有

    災害に学び、
    情報を活かす

    詳しく見る
  • 人材
    育成

    防災力の向上は
    人づくりから

    詳しく見る
  • コミュニティの
    防災活動

    効果的な防災にはコミュニティ
    住民の防災力向上が不可欠

    詳しく見る

ADRCのプロジェクト報告