• 多国語防災用語集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • RUSSIAN
  • サイト内検索 

トップイメージ

  • トップページ
  • ADRCについて
  • ADRCの活動
  • 災害情報
  • 防災情報
  • イベント
  • 文献・出版物

ADRC活動報告:2018年7月

国際復興支援プラットフォーム(IRP)/アジア防災センター(ADRC)は、2018年7月3日~6日にモンゴル、ウランバートルで開催されたアジア防災担当閣僚級会合で、復旧・再建・復興における「Build Back Better(より良い復興)」の最近の動向を紹介したイベントを実施しました。
サイドイベント:リスクを防ぐ機会としての復興
2018年7月5日 10:15~11:15  ベストウェスタン・プレミア・トゥーシンホテル
スルドホール1

mol1.JPGIRP/ADRCは、このサイドイベントをリスクを防ぐのに貢献する事前と事後の復興戦略を示すために実施しました。また、「Build Back Better(より良い復興)」の取組を通じて、復興がどのようにレジリエンスに貢献するかを強調しました。オープニングでは、仙台市副市長の高橋新悦氏が2011年の東日本大震災の後、レジリエンスを強化するために実施した3つの復興計画について説明しました。その後、IRP事務局は国際復興フォーラム2018の結果を報告しました。続いて行われたパネディスカッションには、ミャンマー政府防災局長のミィヤット・モエ・トェ氏、アジア開発銀行防災専門員のアガヤ・シンハロイ氏 UN Environmentプログラムオフィサーのマへシュ・プラダン氏が登壇しました。
トェ氏は、サイクロン ナルギスの後の10年間を振り返り、復興がどのようにして、住居、インフラ、生活の中でコミュニティのレジリエンスを強化する機会となったかを報告しました。シンハロイ氏は、災害後の復興への支援は、レジリエンスを強化する機会を作り出すが、成功は (1)より長期に渡る積極的な取組 (2)再建のための堅固で柔軟なアプローチ (3)よい統治の調整 (4)融資の十分でタイムリーな活用 (5)知識の促進とパートナーシップの強化に依存していると説明しました。
プラダン氏は、復興過程における効果的な災害廃棄物管理は、 (1)災害付随計画を国家と市のレベルでの廃棄物管理戦略に統合させる (2)災害廃棄物の分類、収集、蓄積の日常作業を改善する (3)復興過程における環境面における廃棄物の影響を減らす (4)人工の埋め立て地を活用する といった活動により、レジリエンスを強化することができると報告しました。
内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)兼IRP運営委員会共同議長の佐谷説子氏は、モデレーターとして、参加者からの質問へのパネリストの回答の中で、事前復興計画が、国家と地方政府がともに採用することができる投資計画ツールとみなすことができると述べました。佐谷氏は、サイドイベントを次のメッセージで締めくくりました。
・復興への準備がリスクを防ぎ、レジリエンスを強化します。
・復興は、災害の前に、投資、事前復興計画、事前契約、事前合意を始めることでレジリエンスに貢献します。
・「Build Forward Better(より良い将来を見据えた復興)」のために、脆弱性への対応が今必要になります。
イグナイトステージ:事前復興計画:教訓と課題
2018年7月4日 15:15~15:30 スフバートル広場

mol2.JPGこのプレゼンテーションの中で、IRP/ADRCは効果的な復興は災害が発生する前に始まることを示しました。ツールの1つが事前復興計画で、時間、リソース、能力に関連した共通の復興課題に対応します。プレゼンテーションは事前復興計画に関する次の5つの教訓を強調しました。(1) 復興戦略と決定は今実施することができます。(2)計画過程はより強い利害関係者の結びつきを促進します。(3) 復興資金を調達するための手順を調査する手助けとなります。(4)説明責任を保証します。(5)レジリエンスのための「Build Back Better(より良い復興)」を促進します。
しかしながら、実際には、事前復興計画は次の課題を引き起こします。(1)時間がかかり、高価であり、困難であり、議論を引き起こすため、頻繁には行われません。(2)滅多に作動しないので、コミュニティは価値を認識することができません。(3)参加を促進するための地域のリソースと権能が不足しています。(4)ほとんどは単独の計画なので、防災計画に統合されません。(5)定期的な訓練の実施とマニュアル改訂を要求します。プレゼンテーションでは、事前復興計画について次のように結論づけました。
・復興準備の運営上の価値の評価と認識を高めます。
・災害に続く大変きびしい大混乱の環境の中で、素早いアクションを推進し、効果的な調整体制を可能にします。
・継続的な訓練とマニュアルの更新を含んだ積極的な取組を必要とします。
マーケットプレイス:IRP「Build Back Better(より良い復興)」のためのネットワーク
2018年7月4日、5日 9:00~17:00 スフバートル広場

mol3.JPGマーケットプレイスでのIRP/ADRCのブースは、復旧・再建・復興における「Build Back Better(より良い復興)」に関するIRPのナレッジプロダクト、出版物、優良事例を示す機会となりました。500人以上がブースを訪問し、約300のIRPの冊子、復興に関するナレッジプロダクトを含んだ約320のUSBとCD、プライベートセクターのガイダンスノート20冊、IRP Herald150以上を手にして行きました。また、ブースでは、ポスター、バナー、ニューズレター、チラシ、12テーマにわたる復興ガイダンスノートを展示しました。IRP/ADRCは、一般の人に広く目につく大きなステージで復興に関するビデオも上映しました。さらに重要なことは、IRP事務局のスタッフが、ブースでIRPの取組・活動を幅広く説明できたことです。
(2018/07/18 14:40)

月別アーカイブ

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年