• 多国語防災用語集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • RUSSIAN
  • サイト内検索 

トップイメージ

  • トップページ
  • ADRCについて
  • ADRCの活動
  • 災害情報
  • 防災情報
  • イベント
  • 文献・出版物

ADRC活動報告:2013年1月

2013年1月27~29日(中国、香港)


DSC_5278.JPG

アジア防災センター(ADRC)は、国連アジア太平洋経済社会委員会・世界気象機関台風委員会、香港天文台が主催する台風委員会第45回総会に参加しました。

会合には主催者をはじめとして、カンボジア、中国、日本、ラオス、マレーシア、フィリピン、韓国、タイ、アメリカ、ベトナム及びマカオ特別行政区などから関係者100名以上が出席し、今年度の各国の活動事例報告や来年度の活動方針等について意見交換がなされました。この委員会には、気象、水文、防災の3つのワーキンググループが設置されており、ADRCが参加する防災のワーキンググループからは、来年度よりADRCも協力して本格実施されるSSOP(Synergized Standard Operating Procedures for Coastal Multi-Hazards Early Warning System)プロジェクトについての報告がなされました。

会議の詳細については次のウェブサイトをご覧ください。
http://www.typhooncommittee.org/45th/index.html
 

(2013/1/27 19:40)

2013年1月15-16日(スリランカ、モルディブ)

ADRCは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の支援を頂き、アジアおよび太平洋各国における衛星画像利活用調査を実施しています。本調査では、アジアおよび太平洋各国の公的な防災もしくは研究機関を訪問し、防災分野における衛星画像の利活用やニーズについてヒアリングを行います。また、今後のセンチネルアジア事業のより良い運営について意見交換を行います。
本調査の一環として、2013年1月15日にスリランカの防災人権省国家災害管理局、1月15日にモルディブの国家災害管理局を訪問しました。両機関において約2時間程度の会議を開催し、局長およびGISやリモートセンシングの専門家、モルディブではファシマス副大臣に出席を頂きました。いずれの機関も衛星画像の利活用について非常に関心が高く、今後特に衛星データの利用に関する技術的知見を有する人材の育成等が必要との意見がありました。

(2012/01/28 18:30)
2012年12月18-19日(インド、ネパール)

ADRCは、アジア及び太平洋諸国において、防災のために衛星画像を利活用するニーズの調査を実施していますが、2012年12月18日にインド内務省の災害管理部門、12月29日にはネパール内務省の災害管理部門を訪問しました。インドでは局長および国家衛星機関の専門家に、ネパールでは実際の災害対応や計画部門の専門家に出席を頂きました。いずれの機関も衛星画像の利活用に対する関心は非常に高く、今後の積極的な活動や事業への参加の意向が確認出来ました。

(2013/1/8 13:40)

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年