メンバー国防災情報

バングラデシュの国旗

国の概要

国名:バングラデシュ人民共和国(People's Republic of Bangladesh)
インドとミャンマーとの間に位置し、ベンガル湾に面している。国土は約14万7千平方キロメートル。国土は、南アジアに位置し、ガンジス川、ブラマプトラ川、メグナ川により形成された低地にあるデルタ国である。310の川とその支流により国が形成された「川の国」である。ほとんどの国土は、平坦な沖積平野であるが、南東部には丘陵がある。また世界最長となる120mの天然のビーチがある。夏(3月〜6月)は高温で蒸し暑く、雨季(6月〜11月)は高温多湿多雨、冬(12月〜2月)は暖かく乾燥した気候となっている。
首都はダッカ。人口1億5,722万人、うちベンガル人が98パーセントを占める。イスラム教徒90.4%、ヒンズー教徒8.2%、仏教徒0.7%、キリスト教徒0.6%。

災害の傾向

バングラデシュは自然災害の長い歴史を有し、1980年と2008年の間には219もの自然災害を経験した。地理的条件、地形、河川の多様性、モンスーン気候といった要因により自然災害に対して脆弱となっている。また、バングラデシュの海岸地形により、災害による影響を受けやすくなっている。バングラデシュでは、洪水、サイクロン、高潮、川岸の浸食、地震、干ばつ、海水新入、火事、津波といった自然災害が発生しやすい。特にサイクロンと洪水は大きな被害をもたらしている。サイクロンは、1970年に36万4千人、1991年には12万6千人、2007年は3,363人、2009年には190人の死者をもたらした。

過去の主な災害

2009年5月 サイクロン・アイラ

2009年5月25日、バングラデシュに上陸し、バングラデシュ南部を中心に被害をもたらした。サイクロンにより190人が死亡、3,935,341人が被災した。経済被害損失は2.7億米ドルに上った。

2007年11月 サイクロン・シドル

2007年11月15日、バングラデシュの沿岸部に上陸し、被災者8,978,541人、死者4,234人、経済被害23億米ドルの被害をもたらした。

1991年4月 サイクロン

1991年4月、チッタゴンを襲ったサイクロンにより、138,866人が死亡、15,438,849人が被災した。経済損失は17.8億米ドルに上った。

防災体制

法制度

防災におけるパラダイム・シフトを遂行するために、以下の法的根拠により構成された防災に関する統制的な枠組が設置された。
防災法(ベンガル語)
国家防災計画(2010-2015)
災害規則(SOD)
国家防災政策(ドラフト)
サイクロン災害予防計画
地震予防対策

防災組織

組織図はこちらをクリック

国及び地方レベルにおいて、防災関係機関が設立されている。バングラデシュ政府の業務規範によれば、防災救援省(MoDMR)は政策を立案、計画の準備、災害のモニタリング及び調整をすることと規定されている。MoDMRの現場レベルでの活動は防災局(DDM)及びサイクロン準備計画(CPP)といった付属する二つの事務所が実施する。DDMの役割は、コミュニティレベルでの洪水情報、洪水への備え、意識啓発、能力向上といった自然災害に関する全ての情報伝達の責務があり、また県や郡を支援して救援、復旧業務を行うものとなっている。
包括的防災プログラム(CDMP)は関連機関及びMoDMRの防災活動を支援するために設置された。

防災計画

国家防災計画は、バングラデシュにおいて防災及び緊急対応で取られるべき体系的かつ制度的なメカニズムについて規定する。防災ビジョン、戦略的ゴール、概念的枠組について概要が明記され、また防災の統制や計画の枠組を確立し、防災及び緊急対応管理における優先分野を特定する。

国家防災計画(2010-2015)

アジア防災センター協力機関

防災救援省 (MoDMR: Ministry of Disaster Management and Relief)