pagetop
Asian Disaster Reduction Center(ADRC)
災害情報
トップページ災害情報 > 災害情報詳細

コロンビア共和国 : 地震 : 1999/01/25 国別防災情報

発生期間 1999/01/25
国名及び地域名 コロンビア共和国
災害名 地震
概要 1月25日午後、マグニチュード6の地震が首都ボゴダから220Km離れたValle del Cauca Stateを襲う。
被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
国連人道問題調整事務所レポート No.8 99/02/19
・死者1,171名、負傷者4,765名
・現在67,539名が避難所で生活している
・1/25~2/12の間に震度3から4の余震が95回も起きている
国連人道問題調整事務所レポート No.7 99/02/12
・死者1,052名、負傷者4,500名
・未だ約20万人が家を失った状態にある。この内67,000人は仮設のシェルターに移る見通し
・およそ51,600戸の家屋が倒壊/損壊
・Quindio、Risaralda地域では15の病院のうち7つが機能していない状態
・Armeniaでは水道の機能が90%まで回復、電話線の完全な回復には2、3週間かかる見通し
国連人道問題調整事務所レポート No.6 99/02/05
・およそ18万人が依然として救援の必要な状態にある
・Armeniaでは水道の機能が70%まで回復したが、Calarcaや Barcelonaではまだ機能していない状況にある ・倒壊家屋などの撤去にはまだ時間がかかる見通し
・国家基金がコーヒー栽培の盛んな地域のために作られた
国連人道問題調整事務所レポート No.5 99/02/03
・前レポートと変わらず死者950名、負傷者約4,000名
・およそ25万人が家を失ったと報告されている
・Armeniaでは水道の65%、電気の80%が通常通りの利用が可能になった ・Armeniaでは先週食料などの強奪が広まったため、2,500~3,000名の兵士によって監視が続けられている
・1日150トンの食料を被災地に供給するため、食料の調達が困難に。
・各国の国際的な救助隊がコロンビアから帰り始めている
国連人道問題調整事務所レポート No.4 99/01/31
・1月29日までの情報では、死者が950名までのぼり、負傷者数もほぼ4,000名まで増加するとのこと ・住宅への被害は、Armeniaのいくつかの地域で95%以上、 Barcelonaや Calarca 、 la Tebaidaなどの市町村でも80%を超える
国連人道問題調整事務所レポート No.3 99/01/28
・死者は900名を超える見通し
・負傷者数はおよそ3,400名
・赤十字とUNICEFによるとおよそ20万から25万もの人々が家を失ったとのこと
・およそ6万ヘクタールのコーヒー農園に被害が出る見通し
・25日以降も余震は続き、230回を超えているが徐々に沈静化している
国連人道問題調整事務所レポート No.2 99/01/27
・約700名が死亡
・約2300名が負傷
これらの人数は増える見通し
・約4500戸の住宅と、170戸の公的建築物が倒壊。
・電気、水道、ガス、道路についての被害の正確な情報はない。
AFP レポート 99/01/26
・少なくとも492人が人が死亡、1000人以上が負傷。
BBC NEWS 99/1/27
・公的発表では死者は約750人、負傷者は1000人を越えるもよう。 ・アメリカの専門家によると建物の半分が全壊、もしくは多大な被害を受けたとのこと。 ・アメリカや日本の地震に関する専門家チームが生存者救出の救援にコロンビア入りする予定

関連リンク情報

[関連レポート・記事]

国連人道問題調整事務所レポート No.6 99/02/05
・学校や病院などもまた非常に多大な被害を受けており、Armeniaではおよそ35%の学校が損壊し、いくつかの病院も全半壊した

レリーフ・ウェブ

国連人道問題調整事務所レポート No.8  99/02/19

国連人道問題調整事務所レポート No.7  99/02/12

国連人道問題調整事務所レポート No.6  99/02/05

国連人道問題調整事務所レポート No.5  99/02/03

国連人道問題調整事務所レポート No.4  99/01/31

国連人道問題調整事務所レポート No.3  99/01/28

国連人道問題調整事務所レポート No.2  99/01/27

国連人道問題調整事務所レポート No.1  99/01/26

AFPレポート 99/1/26 No.1

AFPレポート 99/1/26 No.2

AFPレポート 99/1/26 No.3

CNN NEWS 99/01/31

CNN NEWS 99/01/26

BBC NEWS 99/01/27

毎日新聞 99/01/27

読売新聞 99/01/27

[地図情報]

CNN NEWS Jan.26 より

[ERI緊急援助関連情報]

日本赤十字が義援金を受付
(赤十字国際ニュース)

AFP レポート 99/01/26
日本国から、警察庁 消防庁のメンバーを中心に、35名が救援活動に派遣される予定

OCHA(国連人道問題調整事務所)
災害支援金受付:OCHA account No.CO_590.160.1,  at UBS AG, P.O. Box 2770, CH-1211 Geneva 2, with reference: OCHA-Colombia-Earthquake

最新の各国、各機関による支援状況
(国連人道問題調整事務所レポートより)

南米コロンビア大地震緊急支援のお願い-南米コロンビア緊急救援委員会
1月25日にコロンビアで大型地震が発生し、死者2,000人に達しようとしています。皆様方の積極的な支援のご協力をお願いします。 ところで、パプアニューギニア津波災害・中米ホンジュラス北部ハリケーンへの支援を行っている最中に、またもや大型の災害が発生しました。過去、緊急救援NGO実行委員会として、13回の海外救援の経験から、このように3つの重なる大型災害に備えて、NGO災害救援基金 設立を呼びかけます。 [NGO災害救援基金とは] 今回のように、重複して災害が発生した時には、現実の問題としてどちらか片方の支援が不充分になる。従ってこのような場合には、緊急救援事項委員会の責任において、柔軟に送金できる「救援金」が必要です。本来ならば常設の災害救援委員会があり、そこに基金などの形でプールされるべき資金ですが、緊急の場合ですので「南米コロンビア緊急救援委員会」の名で、呼びかけることをご了承ください。 振込先 郵便振替 : 00970-7-39728 加入者名 : 阪神大震災地元NGO救援連絡会議 *通信欄に「南米コロンビア支援」か、「NGO災害救援金」のどちらかを明記してください。 連絡先 : 被災地NGO恊働センター(鈴木・細川) TEL:078-685-0068 FAX:078-685-0071