トップイメージ

トップページ >> ADRCについて:理念と目的

理念と目的

メンバー国の防災能力の強化

人々が安心して暮らせる地域づくり

持続可能な開発を可能にする社会づくり

アジア防災センター

アジア防災センターは1998年に兵庫県神戸市において設立されました。そのミッションは、メンバー国の防災能力の強化、人々が安心して暮らせる地域づくり、持続可能な開発を可能にする社会づくりです。アジア防災センターでは、このため、さまざまな防災能力向上のための事業を展開し、アジアにおける防災関係者の人材の交流を含む多国間の防災能力向上のためのネットワークづくりを進めています。

アジア防災センターの活動
センター設立の経緯

また、国連国際防災戦略事務局(UN/ISDR)、国連人道問題調整事務所(UN/OCHA)、ユネスコ(UNESCO)、国連大学(UNU)、国連アジア・太平洋経済社会委員会(UN/ESCAP)、世界気象機関(WMO)、世界保健機関西太平洋事務所(WHO/WPRO)などさまざまな国連機関や、国際的な機関・イニシアティブと積極的に連携し、全世界的視野からこの問題に取組んでいます。