災害情報の詳細

ネパール : 土砂崩れ : 2006/08/29
GLIDE: FL-2006-000127-NPL  防災・災害情報一覧

発生期間 2006/08/29
国名及び地域名 ネパール   
災害名 土砂崩れ
概要 ネパール西部では、モンスーン雨の影響による土砂崩れと洪水が発生し、ここ数日で少なくとも50人が死亡、多数が行方不明、数千人が家を失った。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • ロイター通信 2006/09/02
    米国の機関によると、ネパールでは洪水により数千人が影響を受け、緊急な人道援助と感染症などからの保護が必要な状態である。ネパール西部では、8月下旬にモンスーン雨により鉄砲水と土砂崩れが発生し、少なくとも50人が死亡した。
  • OCHA  リリーフウェブ 2006/08/29
    モンスーンによる豪雨が洪水を引き起こし、ネパールの中央部、極西部の13地域に影響を及ぼした。特に被害が酷かったのはBanke地域、Bardiya地域である。50人近くの死者が報告され、数百人が行方不明となっている。
  • CNNニュース 2006/08/29
    ネパールの首都カトマンズより西方550キロに位置し、山裾にあるKhaptad村では8人の遺体が発見された。土砂崩れは8月27日に発生し、家屋80棟が倒壊、数10人が行方不明となった。