災害情報の詳細

ウクライナ : 洪水 : 1998/11
GLIDE: FL-1998-000359-UKR  防災・災害情報一覧

発生期間 1998/11
国名及び地域名 ウクライナ   
災害名 洪水
概要 ウクライナ西部への大雨により洪水が発生。
100以上の町や村、そして40万人に影響を及ぼす。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
洪水による被害の状況(国連人道問題調整事務所レポート No.8 98.12.15)
・避難生活者数:10,538人 ・地滑りの発生によって108戸の家に避難の必要が生じる。
洪水による被害の状況(国連人道問題調整事務所レポート No.7 98.12.08)
・依然として行方不明者1名
・7,820人が自宅外での生活を余儀なくされている。
・2,695の建物が全半壊、少なくとも2,877の建物に再建の必要がある。
洪水による被害の状況(国連人道問題調整事務所レポート No.6 98.12.01)
・行方不明者:1人
・避難生活者:5,609人
・家屋浸水:212戸、家屋倒壊:2,002戸、家屋半壊:303戸、損壊家屋:6,967戸
洪水による被害の状況(国連人道問題調整事務所レポート No.2 98.11.09)
・合計24,340人が安全な場所に避難
・8日の晩、Tisa川の水位上昇により13,900人が避難した。
・310の家屋が倒壊し、6,645の家屋に被害。
・67の村で電話回線が不通
・6つの橋が破壊され、12の橋も被害を受ける。
・鉄道はほとんどの場所においてすでに修復済み。


関連リンク情報
関連レポート・記事