1999年度
アジア防災センター
  年次報告書

CONTENTS

年次報告書の発刊にあたって

1 アジア防災センターの概要

1−1 設立の経緯
1−2 組織及び体制
1−3 活動方針とこれまでの活動内容

1−3−1 活動方針
1−3−2 これまでの活動内容

2 防災情報共有のためのネットワーク形成

2−1 ヒューマンネットワークの形成

2−1−1 国際会議の開催
2−1−2 ビジティングリサーチャーの受入
2−1−3 国連OCHA−アジア防災センター共同プロジェクト
2−1−4 その他の国際的機関との連携

2−2 防災情報共有のためのネットワーク形成

2−2−1 アジア防災センターのネットワーク構成と情報機器
2−2−2 アジア防災センターのホームページ

3 防災情報の収集と提供

3−1 情報収集の方針と方法

3−1−1 収集の方針
3−1−2 メンバー国等からの収集の方法

3−2 防災体制に関する情報

3−2−1 対象とする情報
3−2−2 情報源のレベル
3−2−3 情報収集の方法
3−2−4 本年度収集した防災体制に関する情報及び分析
3−2−5 今後の課題

3−3 災害対策事例

3−3−1 トルコ大地震発生後の対策について
3−3−2 台湾大地震発生後の対策について
3−3−3 大韓民国の干ばつ対策と国際比較
3−3−4 中央ベトナムの洪水災害(1999)への対策
3−3−5 ネパールチョロルパ氷河湖の決壊による洪水の危険性とその対策
3−3−6 ネパールの最近の2災害について
3−3−7 インドネシアの森林火災対策

3−4 20世紀アジア災害総覧データベースの構築

3−4−1 ルーベンカトリック大学災害疫学研究所の災害データベース
3−4−2 メンバー国に関するCREDデータの検証
3−4−3 CREDとの共同プロジェクト
3−4−4 CREDデータベースに見るアジアの災害
3−4−5 今後の展開

3−5 人材情報

3−5−1 人材情報の目的
3−5−2 収集・提供された情報
3−5−3 今後の展開

3−6 アジア防災インターネットGISの構築

3−6―1 アジア防災インターネットGISの開発の背景
3−6−2 VENTENのシステム
3−6−3 VENTENで提供するデータ
3−6−4 危険度診断評価の基礎システムとしてのVENTENの活用
3−6−5 まとめ

3−7 応急危険度判定システムに関する情報の収集と発信

4 防災協力の推進に関するニーズとシーズの把握

4−1 ニーズとシーズの把握の方針

4−1−1 各国へのアンケート調査

4−2 メンバー国からの防災協力プロジェクトの提案

4−2−1 各国への防災協力プロジェクトの意向調査
4−2―2 メンバー国のプロポーザル
4−2−3 今後の取組方針

5 災害発生時の各国の緊急援助に関する情報の把握

5−1 最新災害情報

5−1−1 収集の方法と集めた情報
5−1−2 第一報の入手

5−2 事後情報の収集・分析

5−2−1 レリーフ・ウェブ・ファイナンシャル・トラッキングの集計・解析
5−2−2 各国NGOのリスト

6 防災に関する知識の普及・意識の向上資料の企画

6−1 課題把握の方針

6−2 ニーズの把握方法

6−3 普及・意識の向上資料の企画

6−3−1 パプアニューギニア津波防災啓発資料

6−4 学会・国際会議等の情報収集

6−4−1 収集の方法と集めた情報
6−4−2 Webによる情報配信


6−5 今後の方針

7 防災教育・訓練に関する課題の把握

7−1 アジア防災センターにおける防災教育・訓練の企画

7−1−1 JICA防災行政管理者セミナー

7−2 アジア防災センターにおける短期研修の実施

8 アジア防災センターの対外・広報活動

8−1 マスコミへの広報活動

8−2 国際会議への貢献

8−3 講演会・シンポジウム

8−4 執筆