メンバー国防災情報

インドの国旗

国の概要

国名:インド(India)
328万7,263平方キロメートル(パキスタン、中国との係争地を含む)の国土を有するインドは、インド亜大陸の大部分を占める。パキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマーとは陸上で、スリランカ、モルディブ、インドネシアとは海上で国境を接する。南部はデカン高原、北部はガンジス川に沿って平野が続く。北部にはヒマラヤ山脈がそびえ、西部は砂漠となっている。
首都はニューデリー。人口10億人以上を擁し、多様な民族・宗教・言語によって構成される。

災害の傾向

地理気候的に自然災害に見舞われやすく、地震、洪水、サイクロン、干ばつ、津波、地滑り・斜面崩壊、雪崩などさまざまな災害により被害が発生している。

過去の主な災害

2004年12月 インド洋津波

2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震によって引き起こされた津波により、1万6,389人が死亡、6,913人が負傷、約65万人が被災した。被害総額は約10億米ドル。

2001年1月 グジャラート地震

2001年1月26日、インド西部グジャラート州で起きた地震(マグニチュード7.7)によって20,005人が死亡、166,812人が負傷、およそ36万棟の家屋が倒壊し、約1,500万人が被災した。被害総額は約46億米ドルに及んだ。

1999年10月 オリッサスーパーサイクロン

1999年10月29日、ベンガル湾に面するインド北東部のオリッサに襲来したサイクロンにより、死者9,887人、被災者約1,300万人、倒壊家屋約80万棟の被害が出た。

防災体制

法制度

2004年に国家レベルの防災枠組みを策定したほか、2005年には防災法(The Disaster Management Act, 2005- DM ACT, 2005)を制定した。

2005年防災法 (The Disaster Management Act, 2005) (pdf)

防災組織

組織図はこちらをクリック

防災政策、計画、ガイドラインを策定し、それらの実施を調整する機関として首相を議長とする国家防災委員会(National Disaster Management Authority (NDMA))が設置されている。各州には、州防災委員会(State Disaster Management Authorities (SDMAs))が設置されている。
またNDMAのもと、災害軽減および緊急対応のための人材育成を促進する機関として、国家防災協会(National Institute of Disaster Management (NIDM))、迅速な災害対応を行う機関として、国家災害対応部隊(National Disaster Response Force (NDRF))が設置されている。

防災計画

防災分野に特化した計画はないが、第11期国家5ヶ年計画(2007-2012)の中の「環境と気候変動」の章に防災に関する記述があり、防災に配慮した開発計画への配慮の必要性などが述べられている。
また、防災法において防災計画の策定が求められており、州防災計画作成のガイドラインが2007年7月に発行されている。

国家5ヶ年計画(2007-2012)第9章「環境と気候変動」

国家防災ガイドライン:州防災計画の準備(2007年7月)

アジア防災センター協力機関

内務省(Ministry of Home Affairs)