災害情報の詳細

アメリカ : ハリケーン : 2005/08/25
GLIDE: TC-2005-000144-USA  防災・災害情報一覧

発生期間 2005/08/25
国名及び地域名 アメリカ   
災害名 ハリケーン
概要 ハリケーン「カトリーナ」がアメリカ南海岸地域にカテゴリー4の強さを保ったまま上陸し、数十万人が避難し、最悪で1万人の死者が出る恐れがある。これがアメリカへの2度目の上陸になるこのハリケーンは、フロリダ州で7人の犠牲者と大規模な洪水を引き起こしたばかり。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • ロイター通信 2005/09/16
    陸軍工兵部隊司令官、カール・ストロック中将が、ペンタゴンで行った概況報告で、ニューオリンズを囲っている堤防の何ヶ所かがまだ修復されておらず、また、今後の先端技術を用いた洪水防止設備建設には数年を要し、少なくとも25億ドルかかるだろうと述べた。
    カトリーナによる公式死者数は木曜日に、ルイジアナ州当局が州の死者数を558人としたため、795人に上った。ミシシッピ州では218人、フロリダ、アラバマ、ジョージア、テネシーの各州では19人の死者が出ている。
  • ロイター通信 2005/09/14
    水曜日に、ルイジアナ州の住民は帰宅して被害を受けた家屋を調べた。国の経済にとって重要なニューオリンズの港が、ハリケーン「カトリーナ」の直撃後初めて再開された。
    8月29日にハリケーンが上陸したガルフコーストが復旧に向け努力する中、死者数は652人に達した。
    死者の大多数はルイジアナ州やミシシッピ州から出ているが、フロリダ、ジョージア、アラバマの各州からも少数名出ている。
  • ロイター通信 2005/09/13
    アメリカ史上3番目に強いハリケーン「カトリーナ」による死者が648人に達する一方、冠水した養護施設の入居者34人が取り残され、死亡した件で、この養護施設の経営者が殺人罪で起訴された。
  • ロイター通信 2005/09/13
    ハリケーン「カトリーナ」に対する政府の対応に対する批判が高まる中、米国の災害管理局の長官が月曜日に辞任した。この災害による確認された死者数は500人を越え、この中には、救助から取り残さたニューオリンズの病院内で見つかった45人の犠牲者も含まれている。
    ブッシュ大統領が2日間のニューオリンズなどの被災地視察を終えると同時に、マイケル・ブラウン氏は米連邦緊急事態管理局(FEMA)の局長を辞任した。この緊急事態に対する対応の遅れと内容の不十分さから非難が高まり、その3日前に同氏は、ガルフコーストの復旧活動の指揮からはずされていた。
  • ロイター通信 2005/09/12
    ハリケーン「カトリーナ」による公式死者数は400人を越え、ブッシュ大統領は、軍が扉を壊して浸水した家々に入り遺体捜索が続く、包囲されたニューオリンズに到着した。
    100万人が避難した8月29日のハリケーン上陸による確定死者数は、数千人とした当初の予想を大きく下回った。
  • ロイター通信 2005/09/06
    ハリケーン「カトリーナ」の被災者たちは、荒廃した家に戻り、入念に様子を調べた。一方、ブッシュ大統領は、ニューオリンズの市長は、死者が最悪で1万人ほどに達すると述べた災害での救援の不手際を回復すると約束した。
    救助隊はボートやヘリコプター、軍用車で家々を見て回り、アメリカを襲ったもっとも悲惨な自然災害の一つにより、取り残された生存者を捜索した。
  • ロイター通信 2005/09/02
    救援のため軍が大混乱のニューオリンズへ
    米陸軍工兵隊は、1時間に140マイルの風と高潮をともなったカトリーナがルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ州に上陸した後、市内から水を排出するのに最長80日を要する見込みと伝えた。
  • ロイター通信 2005/09/04
    ニューオリンズ市は「醜い」捜索のもと遺体を回収
    ニューオリンズ市は、日曜日、数千とも見られる遺体の回収作業を始めた。レスキュー隊が生存者救出や遺体の回収のため冠水した通りや家々をくまなく回っている。
    ハリケーン「カトリーナ」がメキシコ湾に上陸し、ニューオリンズを冠水させてから6日が経った今も、どれほどの人が犠牲になったのかは不明だが、政府当局は、数千に達すると述べている。
  • ロイター通信 1005/09/04
    非難回避のためニューオリンズの遺体回収始まる
    ニューオリンズ市は日曜日、救援活動の失敗の結果、市がハリケーン「カトリーナ」に翻弄された後、ブッシュ政権が、体面を保とうとする中、数千とも見られる遺体の回収作業を始めた。
    何万人もの被災者が隣のテキサス州などに集団で脱出した後、レスキュー隊や点在する人々ほかは、かつては活気に満ちていたジャズの都の通りは、完全に見捨てられた状態になっている。
  • ロイター通信 2005/09/03
    ニューオリンズに軍が救援物資配布
    金曜日、軍が、数日の遅れと、期日の約束を反故にした後、無秩序状態の撲滅部隊とハリケーン「カトリーナ」の被災者に対する救援物資を伴って、ニューオリンズに入った。
    米国史上最も大きな災害の一つに対する対応の遅れをめぐって、厳しい批判を受けているブッシュ大統領は、ハリケーンに被害を受けたメキシコ湾沿岸地域に対する連邦政府の支援の加速に105億ドルを支出する議案にサインした。
    これより先にブッシュ大統領は被災地を視察し、自身も「十分ではない」と認めた救援活動を強化することを表明した。
  • ロイター通信 2005/09/01
    ニューオリンズ 支援を求めて「必死のSOS」
    ニューオリンズの市長は、冠水した市のに対する支援を求める緊急嘆願を出した。同市は、絶望した住民がハリケーン「カトリーナ」の荒廃から避難しようとしているが、銃撃や略奪により妨げられている。
    「これは必死のSOSだ」とレイ・ネーギン市長はCNNが伝えた声明の中で述べた。空腹やのどの渇きを抱えた数千人の被災者がコンベンションセンターの外で同じ訴えを繰り返している。
    「現在、コンベンションセンターの物資は不足し、十分な(被災者輸送用の)バスも見込めない。コンベンションセンターは非衛生的で危険であり、15,000人から25,000人の物資が不足している」とネーギン市長は訴えた。
  • ロイター通信 2005/09/04
    ハリケーン「カトリーナ」の犠牲者数については、発生から1週間沈黙が続いていたが、ルイジアナ州当局が日曜日に部分的な数字を発表し、9月11日の同時多発テロの遺体確認を担当した米国遺体処理チームが支援に加わると伝えた。
    ハリケーンの犠牲者として確認されたのは59人だが、これは、収容できた遺体のみを数えた数字だということである。
  • BBC ニュース 2005/09/01
    ホワイトハウスによると、イギリスの面積とほぼ同じ、約9万平方マイル(23万4千平方キロメートル)がハリケーンの被害を受けている。ニューオリンズのスーパードームスタジアムからの医療救助が、救助ヘリに向って発砲があったという報告の後、中断しており、同じような報告が市の病院からも寄せられている。
  • ロイター通信 2005/09/01
    ハリケーン「カトリーナ」の生存者数千人が、避難支援または食料の供給を懇願する中、ニューオリンズの冠水した通りには腐敗した死体が散乱し、増えつづける暴力により、完全な無政府状態に陥る恐れがある。
    ハリケーン上陸後、歴史的なジャズの都は、武器を持った略奪者たちの餌食となっており、アメリカで最も人気のあるバカンス地のひとつというよりも、ハイチやその他の第三世界など、難民危機が起こっている紛争地帯のような様相を呈している。
    ルイジアナ州のキャサリーン・ブラコ知事は、木曜遅く、暴徒や略奪者達に、秩序の回復に必要であれば「射殺」すべしと国家警備隊に命令を下している、と警告した。
  • CNN 2005/09/01
    ルイジアナ州のキャサリーン・ブランコ知事は、ハリケーンに見舞われたニューオリンズの治安の回復、と救援活動支援のため、4万人の国家警備隊の動員を依頼したと、木曜日に伝えた。
  • BBC ニュース 2005/08/31
    緊急救援隊がアメリカ南部で、ここ数十年で最も破壊的なハリケーン「カトリーナ」の生存者捜索にあたっている。ミシシッピ州では数百人が死亡した恐れがあり、またルイジアナ州のニューオリンズ市も、大規模な洪水に見舞われている。
  • CNN 2005/09/01
    ニューオリンズ当局は、市の堤防が決壊した箇所をふさぐ作業に入り、捜索・救助隊が湾岸の被害が大きい地域に向った。ブッシュ大統領は、ハリケーン「カトリーナ」の犠牲者に代わり、国として復旧に取り組むことを約束し、「復興は長い時間が必要で、何年もかかるだろう」と述べた。
  • ロイター通信 2005/08/31
    ヘリコプターが半狂乱になっている人々を屋根の上から吊り上げた。ハリケーン「カタリーナ」がアメリカ湾岸を縦断した後、歴史あるニューオリンズは土砂でにごった水に沈み、数百人が死亡した恐れがある。
    当局は、ポンチャートレイン湖から水が流出し街の通りが泥沼化しているため、スーパードームスタジアムに避難している数千人をニューオリンズの他の避難所に移動させ、巨大砂袋を落として、市の保護堤防が決壊した部分を塞ぐ計画を立てている。
  • BBC ニュース 2005/08/30
    上陸したハリケーンが一つの郡で最大80人の死者を出し、ニューオリンズを冠水させた後、アメリカのメキシコ湾沿岸地域で大規模な救援活動が行われている。
    ミシシッピ州ハリソン郡は、ハリケーン「カトリーナ」が内陸に向う前にビロクシーやガルフポートに上陸した際に直撃を受けた。
    ミシシッピ州のメディアは当初、州の犠牲者数を54人と伝えていた。
    ビロクシーでは、アパートの1棟が9メートル(30フィート)の高潮を受け、30人が死亡したと見られる。
    地元当局のスポークスマンのヴィンセント・クリール氏がロイター通信に伝えたところによると、この街の実際の犠牲者数は「数百人」に上る恐れがある。
  • CNN 2005/08/30
    AP通信によるとハリケーン「カトリーナ」は、月曜日にミシシッピ州での50人を含む、少なくとも56人の犠牲者を出しており、この半世紀でメキシコ湾北部に上陸した中で最も強いハリケーンによる犠牲者数は今後も増えると見られる。、
  • BBC ニュース 2005/08/29
    ハリケーン「カトリーナ」はアメリカ南海岸地域に強風と大雨をもたらした。
    この暴風雨は、メキシコ湾を通過した後、ミシシッピ州、アラバマ州、ルイジアナ州の沿岸地域に上陸し、甚大な被害をもたらしている。
    「カトリーナ」により、ニューオリンズ近郊が冠水し、多くの人が非難しているスタジアムの屋根の一部が吹き飛ばされている。
  • ロイター通信 2005/08/26
    熱帯性暴風雨に勢力を落として湿地のエバーグレイドを通過した後、カトリーナは再び勢力を増してハリケーンとなり、温暖なメキシコ湾に抜けた。月曜日に再びフロリダに上陸する際には危険な強い暴風雨になると予測される。
  • CNN 2005/08/26
    ハリケーン「カトリーナ」は大きく西へ方向転換し、メキシコ湾へ向っており、月曜日午後にミシシッピ州またはルイジアナ州に上陸する前に危険なカテゴリー4の強さに達する見通しであると、米国立ハリケーンセンターが金曜日に伝えた。
  • BBC ニュース 2005/08/27
    フロリダ州北西部は、南部の沿岸地域で7人の犠牲者を出したハリケーン「カトリーナ」の上陸に備えている。
地図情報
画像データ