災害情報の詳細

モンゴル : 豪雪 : 2000/2
GLIDE: ST-2000-000050-MNG  防災・災害情報一覧

発生期間 2000/2
国名及び地域名 モンゴル   
災害名 豪雪
概要 モンゴルの南部と西部の省では2000年1月の間、例年にない深刻なブリザード、吹雪に見舞われた。2/1にモンゴル政府から発行された報告によると、9つの省で381,394頭の蓄牛、羊、やぎが吹雪により死亡したとのことである。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
国連人道問題調整事務所レポート No.4 2000/02/23
国際赤十字社・赤新月社連盟の報告によると、当面の間の食糧不足及び長期的に見た生活面での損害で約238,000名が被害を受けている。
現在、この災害による人的被害の情報入手は困難であるが、家畜の損害が所有者の収入減だけでなく、母子の疾病率増加、疫病・栄養失調の発生につながる恐れがある。加えて、家畜の損害が精神的に大きな影響を与えている。
2月23日モンゴル政府からの情報によると、死亡した馬、牛、羊、やぎ、ラクダの数は836,100頭に達した。
国連人道問題調整事務所レポート No.3 2000/02/17

モンゴル政府の発表によると、吹雪によって68万頭の家畜が死亡したとの事である。多くの家畜所有者が60〜70%の家畜を失ったが、蓄牛の98%を失った家畜所有者が多数いる省もある。

関連リンク情報
関連レポート・記事
緊急援助関連情報
  • 国連人道問題調整事務所援助金レポート

  • 日本赤十字社
    郵便振替の通信欄に、アジア救援 モンゴル雪害と記載して手数料無料で送付できます。振込用紙は郵便局に備え付けのものをお使いのうえ(日本赤十字社用の専用振替用紙はございませんので、一般振込用紙をご利用下さい。)、通信欄に「海外救援金」とお書き添え下さい。

    郵便振替 口座番号 00110−2−5606 
    加入者名 日本赤十字社 
  • IFRCレポート 2000/02/25
    義援金に関する情報は、Marcel Fortier, Desk Officer, on +41 22 730 4268(スイス)まで。(e‐mail: fortier@ifrc.org)
  • 国連人道問題調整事務所レポート No. 2 2000/02/14
    国連人道問題調整事務所では、緊急救援支援のための資金援助窓口を設けている。義援金の窓口は、No.CO-590.160.0, Swift code:UBSWCHY12A UBS(スイス・ユニオン銀行), P.O.Box 2770, CH-1211 Geneva 2(OCHA-Mongolia - Snowstormsに関連して)である。OCHAを通じて集められた資金は、国際機関と同様に使用される。また、使途についての確認書は、国連人道問題調整事務所が援助資金供与者へ渡される。 
協力者からの情報
  • DZUD災害
    2000年5月4‐6日、ベトナム・ハノイにて開催されたアジア地域会合で発表されたレポート