災害情報の詳細

フィリピン : 洪水、地すべり : 1999/8
GLIDE: FL-1999-000253-PHL  防災・災害情報一覧

発生期間 1999/8
国名及び地域名 フィリピン   
災害名 洪水、地すべり
概要 首都マニラや周辺の各州で、1週間にわたる豪雨により洪水、地滑りが発生。最も被害が深刻なのは Rizal州で、その他 Pangasinan、 Pampanga、Bulacan各州でも浸水の被害に見舞われた。豪雨により、177名が死亡、3千3百万USドルの被害が出ている。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
国連人道問題調整事務所レポート No.2 1999/08/11
130名が死亡し、32名が負傷した。最新の情報では、152名が死んだとされている。
約200万人が被災し、約6万4千人が避難している。
798の家屋が全壊し、10,964の家屋が被害を受けた。 洪水による推定被害額は約1800万USDであり、うち約1200万USDは農業関係の損失である。
AFPニュース 1999/08/11
豪雨や地滑りによって200万人以上が住む場所を変えており、40,781人がいまだに避難所にいる。

国連人道問題調整事務所レポート No.1 (1999/08/05)
死者59名、負傷者数32名以上
150万人以上(31万世帯以上)に影響、避難者数は51,840名
264軒の家屋が完全に倒壊、2,114軒にも被害

関連リンク情報
関連レポート・記事