災害情報の詳細

バングラデシュ : 洪水 : 1998/夏
GLIDE: FL-1998-000203-BGD  防災・災害情報一覧

発生期間 1998/夏
国名及び地域名 バングラデシュ   
災害名 洪水
概要 今年の長期に渡って続いた洪水によって引き起こされた被害は広範囲に渡っている。今現在、(9月18日付)被害を受けた地区は64地区中52地区である。被災者の数は3000万人を越し、溺死やヘビに噛まれたもの、病気も含めると783人が亡くなったと推測される。国土の約3分の2が水に浸かっていると推測される。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
ニュースソース:生き残るために懸命(CNNニュース 98/09/07)
・死者は730人以上
・2500万人が被害
・35万人以上が約900カ所の仮設避難所に避難
・家屋被害43万戸
・11,000kmの道路、5,000カ所の橋梁・水路が流失
・死者には蛇にかまれた40人、下痢等による116人を含む
・友好国、国際機関から食料、救援物資等が送られる予定
ニュースソース:バングラデシュは、破壊的な洪水による被害の支援を求めている。(CNN ニュース 98/8/21)
・死者:355人以上
50人以上が汚水と腐敗食物による下痢で死亡。それ以外は、溺死、地滑り・家屋倒壊、蛇のかみ傷による死亡。

死亡者は500人を越える見込み。

1800万人が深刻な被害を受けている。
・42万5千ヘクタール分の農作物が被害を受けた。
・19万7千戸の住宅が全半壊。
・6642頭の家畜が被害を受けた。
・6346kmの道路、2932kmの堤防、2500の橋及び配水管が被害を受けた。

国連人道問題調整事務所レポート No.4 98/08/14
・死者:300人以上

1700万人が影響を受けている。
水で感染する疫病が広まっている。
・水田が大きな被害を受けている。
ニュースソース:バングラデシュの子供の5人に1人は栄養不良。(CNNニュース 98/09/13)
・死者は950人 70人が凍った川に閉じ込められているとされている。
・22%の子供が栄養不良であり、さらなる悪化を阻止するためには、今現在と翌月の食糧不足は緊急課題である。


ニュースソース:洪水の減退に伴い、避難していた住民が帰宅を開始した。(CNNニュース 98/09/22)



洪水は、農作物やジュート産業に打撃。(CNNニュース 98/09/14)


・ジュートの輸出は例年の20%に落ち込む見通しで、ジュートの被害は1064万ドルに及ぶ見込み。
ニュースソース:バングラデシュの水害、死者500人超す(ロイター 98/09/01)
・死者は513人
・2500万人が家を失うか、孤立した家屋に置き去りにされている。

・水害は国土の4分の3に広がる
・死者の中には、汚染した水や腐った食べ物を飲食したために下痢を起こした約90人が含まれている
バングラディッシュの洪水の全体像
被災者数:3億6百万人
死亡者数:783人
避難所数:2661
避難民数:百万人
被災地区:52地区
被災作物:1,497,500エーカー
被災家屋:894,015
被災道路:15,900km
被災堤防:4,451km

バングラディッシュ洪水の全体像
死者数:584人
避難所数:898
避難民:350,724
被災者数:23,458,713
被災地域:64地区中51地区
作物被害:668,929エーカー
被災家屋:432,076
被災道路:11,237km
堤防の被害:4,257km

バングラディッシュの洪水

35万3千の家屋が破壊され、120万の家屋が被害を受けたと報道されている。
80万ヘクタールの農地が被害を受け、インフラでは9160kmの道路や、6500の橋や排水溝が流され、1800の学校が被害を受けた。

バングラディッシュの洪水

76万ヘクタールの未収穫の作物が水浸しになり、そのうち38万8千ヘクタールがすでに被害を受けている。
バングラディッシュの洪水
バングラディッシュの中央部を荒廃させた洪水の死者は253人に上り、170万人が被災した。


関連リンク情報
関連レポート・記事
地図情報
緊急援助関連情報
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    バングラデシュ政府は、損害のアセスメントが完了次第、国際支援をを呼びかける予定。大蔵省では、食糧、医薬品・浄水剤、ビニールシート、波形鉄板、粉ミルクのような乳児用食品等の支援を呼びかけている。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    食糧省は、通常の水田への被害で92万5千トン、より大きな被害の場合で110万トンの穀物が必要になると見ており、各国へ、今年の食糧援助の確実な実施と追加援助を要請している。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    政府は、洪水の被害者を最大4週間支援することを検討しており、準備アセスメントによれば、325万ドルの予算と5万トンの食料が、救援活動として必要である。また、災害後の復興時に、住宅の復旧に108万ドル、さらに25万トンの穀物が必要となると見られている。高齢者若年の層に対しては、長期的に数十万トンの穀物が必要になる見通し。
  • CNNニュース 98/08/21
    政府は、462ヶ所(12万5958人が避難可能)の洪水用避難所を開設し、2900万バングラデシュタカの予算と4万5775トンの米を被災者のために割り当てた。また、8120バングラデシュタカの農業復興用の予算を割り当てた。
  • CNNニュース 98/08/21
    アメリカ国際開発機関が15万トンの米の提供を行い、イギリス政府が25万ドルの支援を約束した。
  • 国際緊急援助(物資供与)について(第1報)(JICA緊急援助隊活動報告 98/08/27)

  • 国際緊急援助(物資供与)について(第2報)(JICA緊急援助隊活動報告 98/09/02)

  • CNNニュース 98/09/13
    バングラデシュ赤新月社は、さらに5百万ドルの援助を必要としており、合計698万ドルに達する見込み。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    世界保健機構は、5百万個の浄水タブレットと2万5千のリング上乳溶液バッグを供給した。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    国連人道問題調整事務所では、緊急避難所のためのビニールシート購入用に、5万ドルの予算を割り当てた。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.3 98/08/13
    7月30日に国際赤十字及び赤新月社は、むこう3ヶ月の50万人の食糧と医薬品の支援のため、180万ドルの援助を呼びかけた。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    ドイツは、ドイツ赤十字を通して、27万6271ドルの支援を行った。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    国連人道問題調整事務所では、緊急救援支援のための資金援助窓口を設けている。義援金の窓口は、No.CO-590.160.1, Swift code:SBCOCHGG12A スイス銀行, P.O.Box 2770, CH-1211 Geneva 2(OCHA-Bangladesh-Floodsに関連して)である。OCHAを通じて集められた資金は、国際機関と同様に使用される。また、使途についての確認書は、国連人道問題調整事務所が提供する。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.5 98/08/19
    国際赤十字は、緊急災害救援資金から、13万5135ドルの拠出し、バングラデシュ国際赤新月社の救援活動を支援した。