災害情報の詳細

インドネシア : 洪水、地すべり : 2006/02/21
GLIDE: FL-2006-000027-IDN  防災・災害情報一覧

発生期間 2006/02/21
国名及び地域名 インドネシア   
災害名 洪水、地すべり
概要 インドネシア東部の北スラウェシ州都のマナド市で、数時間の集中豪雨により洪水や地滑りが発生し、少なくとも24人が死亡した。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
国連人道問題調整事務所レポート No. 1 2006/02/23
死者:33人
負傷者:39人
行方不明者:6人
避難者:17,500人
損壊家屋:2,067棟
被害を受けた農地:1,115ヘクタール
被害を受けたプランテーション:11ヘクタール
死亡した家畜:9,773頭


関連リンク情報
関連レポート・記事
  • 国連人道問題調整事務所レポート No. 1 2006/02/23
    2月21日に豪雨によりRano Wangko川があふれ、北スラウェシ州都のマナドで鉄砲水や地すべりが発生した。これ以前には、2月13日にマナド、ミナハサ・セラタン、ミナハラ、トモホンで洪水や地すべりが発生し、8人が死亡、1,286人が避難していた。
  • OCHAリリーフ・ウェブ 2006/02/22
    インドネシア東部のManado市の村が土砂崩れと鉄砲水の被害にあい、インドネシア当局及び地元メディアによると少なくとも32人が死亡、数10人が負傷した。
  • BBC ニュース 2006/02/22
    インドネシア東部で大雨により地すべりと洪水が発生し、少なくとも24人が死亡した。
    北スラウェシ州都のマナドで、最も洪水の被害が大きい。
  • ロイター通信 2006/02/22
    犠牲者のうち多くは、市の傾斜地での地すべりにより、土砂に巻き込まれて死亡した。