災害情報の詳細

インドネシア : 噴火 : 2005/04/12
GLIDE: VO-2005-000058-IDN  防災・災害情報一覧

発生期間 2005/04/12
国名及び地域名 インドネシア   
災害名 噴火
概要 インドネシア・スマトラ島にある火山が噴火し、ふもとの住民25,000人以上が避難した。噴火したのは、ジャカルタから938キロ北西に位置するタラン山である。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • ロイター通信 2005/05/14
    インドネシアの各地で、二つの火山の活動は弱まっているにもかかわらず、今も厳戒態勢が続いていると火山学者が木曜日に伝えた。おびえた住民は簡易キャンプに留まっている。
  • News24.com 2005/04/15
    インドネシアのTalang山が再び新たな噴煙を上げ、うなりを上げている。このため、避難した2万人の人々は帰宅することが出来なくなっている。
  • BBC ニュース 2005/04/13
    スマトラ島の生活に突然起こった火山活動により、付近から25,000人余りが避難した。このタラン山の活発な火山活動は、ここ数週間の一連のスマトラ島での地震と時期を同じくして発生している。
  • SI /USGS 週刊火山活動報告
    スマトラ島タラン山噴火についての速報
  • ロイター通信 2005/04/13
    地元当局が伝えたところによると、西スマトラ州に位置する火山のふもと2,690キロ(9,825フィート)以内の傾斜地から26,000人以上が避難し、この数字はさらに増えると見られる。
  • ロイター通信 2005/04/12
    噴火後、中規模の地震が続き、同島北端で130,000人余りの犠牲者を出した12月26日の地震と津波から復興過程にあるスマトラ島の町々を揺らした。