災害情報の詳細

ネパール : 洪水、地すべり : 2004/07/12
GLIDE: FL-2004-000051-NPL  防災・災害情報一覧

発生期間 2004/07/12
国名及び地域名 ネパール   
災害名 洪水、地すべり
概要 モンスーンによる豪雨によって引き起こされた洪水と地すべりによって、ネパールの14の地域(Bara、Chitwan、Dhanusha、Mahottari、Makwanpur、Okhaldhunga、Puythan、Ramechhap、Rauthat、Saptari、Sarlahi、Sindhuli、Siraha、Udayapur)において、13,000世帯が被災している。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
OCHA Situation Report No. 1
死者41名、行方不明者8名、負傷者15名、被災世帯数13,616世帯 全壊・半壊家屋 420

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • 国際赤十字赤新月社連盟 2005/10/26
    全国75郡のうち24郡の74万人以上が影響を受けた。発表された死者数は185人に達し、ピーク時には20万人が避難を余儀なくされた。
  • OCHA リリーフウェブ 2004/07/30
    ネパール内務省のスポークスマン、Gopendra Bahadur Pandey氏がAFP通信に語ったところによると、この洪水と地すべりで、少なくとも123人が死亡した。
  • ロイター通信 2004/07/19
    ネパールの当局者によると、この2日間雨が降らなかったことにより状況の改善が最も早く、明るい陽射しが人々に安堵をもたらしている。
  • ロイター通信 2004/07/13
    死者の多数はネパールで出ており、東部で12人が地すべりにより死亡した。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No. 1
    モンスーンによる豪雨によって引き起こされた洪水と地すべりによって、ネパールの14の地域において、13,000世帯が被災している。(2004/07/13)
  • BBCニュース 2004/07/12
    この10年で最も激しいモンスーンによる洪水により、南アジアの1000万人以上の人々が被害を受けている。