災害情報の詳細

イラン : 洪水 : 1999/07-
GLIDE: FL-1999-000235-IRN  防災・災害情報一覧

発生期間 1999/07-
国名及び地域名 イラン   
災害名 洪水
概要 7月25日、イラン北部のMayandaran州のSari市、Behshahr市、Neka市、他42の村で豪雨により、洪水が発生した。37名が死亡し、17名が行方不明、250名が負傷、4,010戸の家屋が破壊された。雨は7月26日に止んだ。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
イラン洪水に関するOCHAレポート 1999/07/29
34名が死亡、17名が行方不明である。 1000ヘクタールの森林と、3600ヘクタールの米やタバコ、ヒマワリ、綿が深刻な被害を受けた。
合計で30の学校、政府庁舎、モスクが破壊され、セメント工場も被害を受けた。
57の橋が破壊された。

AFPニュース 1999/07/29
死者の総数は37名になり、いまだ14名が行方不明である。 洪水によって4千以上の家屋や店が50〜100%の被害にあい、4500ヘクタール以上の森林や農地がが深厚な被害を受けた。
400kmに渡る道路、30kmの線路が被害を受けた。

イラン洪水に関するOCHAレポート 1999/07/27

Tehran-Gorgan鉄道はNekaとSariの間で切断された。Gorgan-Sariの主要道路や数々の地方道路が通行不可能となっている。農作物への被害はかなりであり、数千ヘクタールの田んぼが泥に埋まった。Nekaでは水や電力、電話、ガスがカットされている。

関連リンク情報
関連レポート・記事
緊急援助関連情報