災害情報の詳細

モンゴル : 雪害(Dzud) : 2002/12-2003/02
GLIDE:    防災・災害情報一覧

発生期間 2002/12-2003/02
国名及び地域名 モンゴル   
災害名 雪害(Dzud)
概要 2002年の夏が非常に暑く降水量が少なかったため、モンゴル全土のおよそ70%以上が干ばつ状況となりました。そのため72%におよぶ家畜が十分な栄養を取ることができず、また十分な飼料の備蓄ができませんでした。干ばつに加え、Selenge、Arkhangai、Bulgan、KhuvsugulやTuvなどの地域で273回に及ぶ森林・ステップ火災が発生し、飼料の減少を加速しました。9月から降り始めた雪により、現在では国土の90%以上が雪に覆われ、その半分あまりの地域で積雪は10-40cm、0.12-0.52g/cm3に及び、早い時期に降った雪は氷層となっています。こうしたことにより、放牧や繁殖が大いに阻害され、大きな問題となっています。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
ニュースソース:ADRCカウンターパートからの情報
2002年12月31日〜2003年1月2日および1月7日〜9日の雪嵐による死者 7名 2月25日現在、210,671頭の家畜が死亡 Dzudにより社会心理学的トラウマが子どもを中心に発症している。モンゴル赤十字の2002年の調査によるとGovialtai地方だけで3,825人のトラウマ患者が報告されている。

関連リンク情報
関連レポート・記事