災害情報の詳細

パプアニューギニア : 津波 : 1998/07
GLIDE: TS-1998-000220-PNG  防災・災害情報一覧

発生期間 1998/07
国名及び地域名 パプアニューギニア   
災害名 津波
概要 98/07/17, 18時40分頃、マグニチュード7.0の地震がパプア・ニューギニア北西部海岸シサノラグーン沖35キロ付近で発生。
地震から数分後から10分後にかけて、高さ5mから最大で15mの大津波が3波にわたり、沿岸部を襲った。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
パプア・ニューギニア津波災害の緊急救命段階終わる(国連人道問題調整事務所レポート No. 9,98/08/07)
・死者:2100名以上(犠牲者の多くは子供)
・行方不明:500名以上
・被災者:約9200名
・津波は、ほぼ完全に地域を破壊。
・3つの学校、診療所、教会、住居、ココナツ成木以外の植物などが被害。
・シサノからマロルへの幅25kmの海岸線にわたり平均500m、最長1km内陸部まで津波が到達(7/17)。
・国家非常事態宣言(7/22)。
・遺体の腐乱進行、ワニによる危険などのため、捜索活動は放棄され、シサノラグーンは立入り禁止地域とされた(7/23)。
国際赤十字、津波災害の被害状況を報告(国際赤十字津波災害レポート No. 3,98/08/18)
・死者:2182名
・重軽傷:473名
・被災生存者:9199名

・非常事態宣言は10月まで2ヶ月間延長された。
・各国救助隊は活動終結。赤十字、救世軍、カトリック教会などNGOが残留し支援継続。
・生存者は6ヶ所のケアセンター及びアイタペ市に一時避難中。救援物資は確保されている。

関連リンク情報
関連レポート・記事
地図情報
緊急援助関連情報