災害情報の詳細

インドネシア : 地震 : 1998/11/29
GLIDE: EQ-1998-000403-IDN  防災・災害情報一覧

発生期間 1998/11/29
国名及び地域名 インドネシア   
災害名 地震
概要 11/29 14:10(GMT) M.7.6の地震発生
 数名の死者、多数の家屋被害
 各地に津波注意報が発令(解除済み)

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
国連人道問題調整事務所レポート No.2  98/12/2
・死者:25名、重傷:22名、軽傷:66名
 行方不明:8名
・家屋倒壊:512戸、家屋被害:760戸
・17の学校、9の教会、12のモスク、14の政府庁舎に被害

国連人道問題調整事務所レポート No.1 98/11/24
・121,000人以上が赤十字から寄付されたサイクロン用シェルターに避難 ・水田や土壁の家屋、魚を干す棚などへの被害大
ATC
50名が亡くなり、8名が行方不明、41人が重傷をおっている。約3千人が安全な地へ避難している。

インドネシアの地震は一つの島を破壊した

Mangole島の約半分の人口に値する4000人の労働者とその家族の住居の幾つかが破壊されるか、壁が壊れて裂け目ができている。
深刻な地震によって東のインドネシアの島で少なくとも6人が死亡した。
材木会社の5人の社員が、彼らが寝ている寮が倒壊したために亡くなった。

インドネシアの地震情報
6名が亡くなり、少なくとも30名が重傷である。 98の家屋と学校や教会のような幾つかの公共建築物が破壊された。

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • レリーフ・ウェブ

  • CNN ニュース 98.11.29
    震央はMangole島からそれて、Molucca海に位置している。
    Mangoleの人々は今現在、サッカー場に集まっており、パニックが生じている。彼らは余震に恐れて寝ていない。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.1  98/11/30
    ・不確定な情報だが、東インドネシアのMangole島で4人が亡くなったとされている。
    ・太平洋津波警告センターによって津波の警告が発令された。
  • 国連人道問題調整事務所レポート No.2  98/12/2
    軍は地方の必需品を補強するために、テントや発電機の供給を行っている。
  • ACT  98/12/10
    最も被害の大きかった地区には病院がなく、そこから離れた地区の多くもそういった施設が不足している。
  • ロイター 98/12/2
    材木会社の一部が、少なくとも41名の死者を出した地震によって破壊された。会社が再び動き出すには3ヵ月以上かかるであろう。
  • AFP ニュース 98/12/1  No.2
    余震が続くために、Mangole島の12万人の住民達は疲労し、用心深くなっている。月曜日には殆どの住民が家から離れた空地に避難しており、津波をおそれて高台に避難しているものもいる。
  • AFP  ニュース  98/12/1
    日曜日に東部インドネシアのSula島を襲った深刻な地震の総死亡者は25人にのぼった。
  • ABC News 98/11/30
    Mangole島を襲ったマグニチュード7.6の地震により、少なくとも6名が死亡、30名が怪我をした。
  • AFP ニュース  98/11/30
    マグニチュード6.5の地震が発生した後の初めの数時間で、少なくとも70の余震が記録された。
  • IFRC ニュース 98/11/30
    インドネシア赤十字は地方政府によって供給された主な救援物資(米、麺、砂糖、薬)を分配した後に、アセスメントを行う当局と一緒に作業を続けている。