災害情報の詳細

パキスタン : 熱波 : 2015/06/21
GLIDE: HT-2015-000070-PAK  防災・災害情報一覧

発生期間 2015/06/21
国名及び地域名 パキスタン   
災害名 熱波
概要 南シンド州にあるパキスタン最大の都市であるカラチと他の地区において、熱波による死者が122名に達した。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • DAWN Group of Newspapers 2015/07/03
    パキスタンのシンド州の保健当局によれば、6月20日からの都市部での死者総数は1,271名に達したと報告があった。
  • DAWN Group of Newspapers 2015/06/25
    熱波により壊滅的な被害が発生したカラチでは、6月21日以降は収束に向かっている。しかし、これまでのシンド州の死者総数は1,011名となり、6月24日には少なくとも229名の死者が医療機関から報告されている。
  • AFP 2015/06/24
    パキスタン南部の熱波による死者は、6月24日までに750人に達した。熱波は緩和される兆しを示し、灼熱の都市であるカラチに小休止をもたらした。多くの被害が発生した市街地の気温は、摂氏40度以上が連続していたが、最新の予報では、最高気温は38度まで緩和されるとのことである。気象当局によれば、アラビア海から港町カラチに吹く南西からの風により、雨となり、更なる気温の低下が予想されている。
  • AFP 2015/06/23
    パキスタン南部で3日間で500人以上もの人が熱波で亡くなった。最大の被害が発生したのはパキスタンのハブ港であるカラチ(人口は約2000万人)では、週末に気温が摂氏45度まで上昇した。被害は今後も拡大する恐れがある。
  • DAWN Group of Newspapers 2015/06/23
    シンド州では6月22日に熱波による死者、309名が確認された。これで、6月21日の夜からの熱波による死者は445名となり、熱波は収まる気配がない。
  • BBC 2015/06/22
    パキスタンの南シンド州では、熱波の影響で224名の方が亡くなった。保健省によれば、ここ数日の摂氏45度まで上昇した気温のため、最大都市のカラチでの死者が拡大した。
  • AFP 2015/06/21
    パキスタンの南シンド州にあるパキスタン最大の都市であるカラチと他の地区において、熱波による死者が少なくとも122名に達した。6月21日には、南の港町であるカラチでの気温は摂氏45度を記録した。