災害情報の詳細

インドネシア : 火山噴火(兆候) : 2007/10/17
GLIDE: VO-2007-000186-IDN  防災・災害情報一覧

発生期間 2007/10/17
国名及び地域名 インドネシア   
災害名 火山噴火(兆候)
概要 2007年10月17日、インドネシアのクルド火山で噴火の兆候がハイレベルになり、周辺の住民10万人以上が避難した。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害

関連リンク情報
関連レポート・記事
  • ロイター通信 2007/11/08
    インドネシアのクルド山は噴煙を上げているものの活動を弱めており、専門家は警報のレベルを下げ、避難住民に帰宅を勧告した、と11月8日政府が発表した。
  • ロイター通信 2007/11/05
    火口からマグマの流出始まる
  • CNNニュース 2007/11/04
    2007年11月3日、火山性振動が頂点に達し、火口湖の温度が急上昇したため、監視システムが噴火開始の警告を発したが、山頂付近の霧のため目視では噴火の確認ができず、専門家は噴火を認めなかった。
    数週間にわたって、専門家は周辺住民に避難を呼びかけていたが、多くの住民は家や作物の心配のために避難を拒否している。
  • BBCニュース 2007/11/03
    2007年11月3日、インドネシアクレド火山の監視システムが噴火を検知したが、政府関係の研究者の意見では、頂上付近が厚い雲に覆われており目視で確認できず、噴火とはいえない、と発表した。
  • ロイター通信 2007/11/04
    インドネシア・クルド火山は、2007年11月4日、火口から灰を吹き上げているが、雲に覆われていて昼間も暗く、肉眼では噴火が確認できない。
  • ガーディアン 2007/10/22
    避難者は噴火を待ちあぐねる
  • OCHA リリーフウェブ 2007/10/19
    クルド火山噴火の予兆による避難警告は、依然ハイレベル
地図情報