災害情報の詳細

インドネシア : 地震 : 2007/03/06
GLIDE: EQ-2007-000033-IDN  防災・災害情報一覧

発生期間 2007/03/06
国名及び地域名 インドネシア   
災害名 地震
概要 2007年3月6日午前、インドネシア西部スマトラ島で強い地震とほぼ同時に発生した余震により、30人を超える死者が出ている。

被害概要
人的被害 物的被害 その他被害
OCHA 災害情報レポート No.2 2007/03/07
死者73名、負傷者194名

OCHA 災害情報レポート No. 1 2007/03/06
死者69名、負傷者76名


関連リンク情報
関連レポート・記事
  • OCHA 災害情報レポート No. 1 2007/03/06
    2007年3月6日10時49分(現地時間)に、マグニチュード6.3の地震が西スマトラ州で発生し、Tanah Datar, Solok, Padang Pariaman, and Padang Panjang 県において被害が出ている。震源はTanah Datar県Batusangkarから南西16km。最も被害が激しい地域は西スマトラの州都であるPadanの北東96kmに位置するSolok。
  • OCHA 災害情報レポート No.2 2007/03/07
    3月6日にマグニチュード6.3の地震が襲ったインドネシア西部スマトラ州の被災地では救援活動が進められている。まだ、電気、電話、道路網は復旧していないところがある。多くの住民が余震を恐れて避難している。
  • CNNニュース 2007/03/08
    強い地震とその余震による死者数は、3月8日現在73人にのぼっている。また、194人が負傷していると西スマトラ州災害調整センターは伝えている。
  • ロイター通信 2007/03/06
    2度に及ぶ強い地震がインドネシアのスマトラ島で発生し、少なくとも70人が死亡、数10人が負傷し、災害救助機関が捜索を行っている。
  • BBCニュース 2007/03/06
    USGSによると、マグニチュードは6.3であり、震源はパダン市中心部近くであった。

    死者はさらに増加する恐れがあり、ある当局関係者は犠牲者59人であるとBBCに語った。
  • CNNニュース 2007/03/06
    2007年3月6日午前、インドネシア西部のスマトラ島で強い地震とそれに引き続く余震により、30名を超える死者が出ていると、地域災害調整官が伝えた。
地図情報
緊急援助関連情報