• 多国語防災用語集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • RUSSIAN
  • サイト内検索 

トップイメージ

  • トップページ
  • ADRCについて
  • ADRCの活動
  • 災害情報
  • 防災情報
  • イベント
  • 文献・出版物

ADRC活動報告:2015年10月

アジア防災センターは、2015年10月28日から10月28日まで台湾、台北にて開催されたビッグデータ及びオープンデータの防災への適用に関するAPEC/EPWGワークショップに、同ワーキング共同議長の一人として出席しました。会議には米国、チリ、インドネシア、韓国、マレーシア、ペルー、シンガポール、タイ、ベトナム、日本などAPEC加盟エコノミー、防災機関、大学等から約20人強の出席がありました。
ワークショップ初日には科学技術省次官の開会の辞の後、米国FEMA国家継続プログラムAssistant Administratorから、公共と民間の連携強化につながる警報システムのベストプラクテイスに関するキーノート・スピーチがありました。これに続いて、リーEPWG共同議長、国家科学技術センター事務局長から、国家的災害における地域におけるデジタルな防災、防災に関する意思決定への科学技術の適用に焦点を当てたキーノート・スピーチがありました。  
ADRCは最初の2つのセッションに参加しました。第一セッション「防災のためのビッグデータ」においては、デジタル面での防災に関する優良事例が取り上げられました。第二セッションでは、アジア地域におけるデジタル面での防災強化の取組に関するもので、ADRCからは、日本におけるビッグデータ、オープンデータに関する取組の概況を説明した後、発災時における関係省庁によるデータ共有・活用のための体制等について発表しました。この後、2日間を通じて、ビッグデータ・オープンデータの実際の活用、民間セクター都の連携等、及び新たなトレンドの課題の3つのセッションが行われました。

(2015/10/28 12:30)

 ADRCは、2015年10月にマレーシアにおいて、マラ工科大学と共に「学校での防災教育の推進」に関する協議会を開催しました。担当者と最新の防災教育活動に関して情報共有を行い、本事業に関する今後の対応について意見交換を行いました。
(2015/10/22 18:30)
2015年10月13-15日(タイ、バンコク)
アジア防災センターは、センチネルアジアの事務局として2015年10月13日から10月15日までタイ、バンコクで開催されたJAXAとアジア工科大学、アジア防災センターとの共催による標記の会議に出席しました。会議にはアジア諸国の宇宙機関と防災機関、大学からおよそ40名が参加しました。この会議の主な内容は以下のとおりです。
1日目
 アジア太平洋地域におけるセンチネルアジアの災害への貢献の説明の後、センチネルアジア ステップ3への展開とステアリングコミッテイの概要と役割についての意見交換が行われました。
2日目
 センチネルアジア ステップ3への展開方針についてのプレゼンテーションが実施され、以下のテーマについての活発な意見交換が行われました。
(1) 防災機関と宇宙機関の連携強化
(2) 被災前~被災後にかけての防災機関と宇宙機関との連携強化に対するワーキンググループの活動
(3) 被災前と災害予兆、被災直後と復興を考慮した緊急観測について
(4) 緊急観測成果の有効利用、解析機関との協力の強化によるエンドユーザーへの迅速なデータ提供について
3日目
 2016年の実施方針の説明と会議のまとめを含む終了セッションが行われました。
 アジア防災センターは、この会議で「緊急観測の傾向」、「センチネルアジアにおけるアジア防災センターの役割」、「センチネルアジアにおける緊急観測要求とその手続き」の発表を行いました。

IMG_1234.JPG
(2015/10/13 13:50)

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年