• 多国語防災用語集
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • RUSSIAN
  • サイト内検索 

トップイメージ

  • トップページ
  • ADRCについて
  • ADRCの活動
  • 災害情報
  • 防災情報
  • イベント
  • 文献・出版物

ADRC活動報告:2013年12月

2013年12月23~29日(モルディブ)

IMG_6501.JPGメンバー国の能力向上及びメンバー国間での情報共有・関係強化を目指し、ADRCは2009年度から防災政策ピアレビュー事業を実施しています。5年目となった本年度はモルディブを対象国のひとつとし、同国からのカントリーレポートの提出後、評価チーム(ピアレビュアー)が現地に入り、聞き取り調査等を行いました。

今回のモルディブにおけるレビューのテーマは「緊急時における国内避難民に対する対応枠組の構築」で、ADRC職員1名の他、東北大学災害科学国際研究所のAnawat Suppasri准教授、ミャンマー社会福祉・救済再復興省のNwet Yin Aye氏がレビュアーとして参加しました。

評価チームは、防災に関する施策や研究などを行っている関係機関を訪問し、その取組について調査を行うとともに、2004年のインド洋大津波による被災地視察や被災住民への聞き取りを通じて、同国の防災対策への評価と提言に関する調査結果案(専門家育成や法体系整備などによるコミュニティレベルでの防災力強化等)をとりまとめました。また、日本、ミャンマーにおける津波や国内避難民対策の取組を紹介するワークショップを開催し、現地関係者と情報共有や協議を行いました。

本事業は、双方向での情報共有、学習を通じ、対象国のみならず評価チームに参加したメンバー国も学ぶことのできるプログラムを目指しています。今後は、評価チームが調査報告書をまとめ、対象国へ送付するとともに、ADRCメンバー国間でモルディブからの最終事業報告書を共有する予定です。

最後に、本事業にご協力くださいました関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。


(2013/12/23 19:40)

2013年11月23日~12月2日(チリ)

アジア防災センターは、2011年から実施されている「地球規模課題対応国際科学技術協力事業 -津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究-」プロジェクトに参画することになりました。ADRCはグループ4(津波災害に強い市民および地域づくりのためのプログラムの提案)に属し、防災教育や住民の防災意識に関する研究を行うことになりました。今回は、チリ国の対象地域である2010年に大規模な津波被害を受けたタルカワノと、将来大規模な津波発生が危惧される、北部のイキケを視察しました。カウンターパートと今後の具体的な活動等の協議を行うことができました。

(2013/12/10 18:30)

2013年12月1~5日(マカオ)
IMG_6284.JPGアジア防災センターは、国連アジア太平洋経済社会委員会・世界気象機関台風委員会、マカオ地球物理気象局が主催する台風委員会第8回統合ワークショップ及び第2回研修フォーラムに参加しました。

会合には主催者をはじめとして、カンボジア、中国、北朝鮮、香港、日本、ラオス、マレーシア、フィリピン、韓国、ベトナム、タイ、アメリカなどから関係者100名以上が出席し、「熱帯低気圧の影響を緩和するための予報・警報・防災戦略」をメインテーマに各国の取組などについて報告、意見交換がなされました。また、防災作業部会におけるメンバーリポートの中では、内閣府より2013年の日本における台風等の被害状況やアジア防災センターの取組(客員研究員の受入等)についても報告されました。
さらに今回は、フィリピンやベトナムの代表者から台風Haiyanによる被害や対応状況について、また、世界気象機関や日本気象庁等からは両国に対する台風情報の提供などの支援策についても報告され、今後のメンバー国間の協力強化についても意見交換がなされるなど、非常に有意義なものとなりました。
なお、台風委員会にはこの防災作業部会の他に気象、水文の各作業部会が設置されており、今回はその3つのワークショップと研修フォーラムが統合して開催されました。
http://www.typhooncommittee.org/8IWS_2TRCG/8IWS_2TRCG.html

 (2013/12/6 19:40)

月別アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年